このページの先頭へ

日本225は価格調整額も魅力 GMOクリック証券CFD活用

日本225 GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券のCFD取引の銘柄のひとつ日本225についてまとめました。

日本225 1万円台で買える日経225

日本225は日経225先物の値動きをもとにしたCFD取引です。

 

GMOクリック証券 CFD 日本225

 

項目

内容

1枚の証拠金

約定代金の10分の1

レバレッジ10倍

10倍

値動き

日経225先物と同じ

 

日経平均225先物は、日経平均の先行指標的な値動きをします。日本225CFDの1枚の必要証拠金は、日経平均15000円として計算すると伊かのようになります。

 

  • 約定代金=15000×10=150000円
  • 必要証拠金=150000÷10=15000円

 

日経平均15000円のときは、1枚を15000円の証拠金で売買できることになります。わかりやすいですね。GMOクリック証券CFD取引では他にも取引銘柄があり、レバレッジが違うものもあるので、この計算式は覚えておく必要があります。

 

GMOクリック証券CFD取引の日本225は、15000円の証拠金で10倍の15万円分の日経225の売買が出来ます。投資信託などで日経225を売買するときは、15万円必要なので日経平均売買をするときには、小額資金を有効活用できます。

 

GMOクリック証券 CFD 日本225 2

 

これが、実際のCFD売買値です。スプレッドは2〜5円というところです。日本225は、1日で200円くらい動くことはザラなので、これくらいの低スプレッドで売買できるのはうれしいです。

 

GMOクリック証券CFD 取扱銘柄

利回り10%以上 日本225の価格調整額

CFD取引では、FXのスワップポイントに似た価格調整額が定期的に発生します。日本225の場合には3ヶ月に1回の頻度で発生します。最近の発生額は以下のようになっています。

 

GMOクリック証券 CFD 日本225 3

 

ここのところ買いポジションを保有していると受け取りになるケースが多くなっています。

 

  • 2012年1530円
  • 2013年1265円
  • 2014年1600円(3回分の合計額)

 

1枚の買いポジションで貰える額ですので、なかなかおいしいですね。15000円の証拠金だと10%くらいの利回りになります。とはいえ、15000円ではギリギリすぎてロスカットされやすいので長期保有は危険です。価格調整金をねらうのであれば、証拠金にかなり余裕をもたせてやる必要がありますね。

日本225 手持ち株のリスクヘッジにも使える

日本225は、スプレッドも狭く売買がしやすいので単純に短期売買で利益を狙っていけます。

 

もう一つの使い方としては、手持ち株のリスクヘッジ的なやり方も面白いです。目先日本株が下げそうだという時に手持ち株の値下がり損を増えセグために、日本225の売りポジションを作るようなやり方です。私は、別のやり方で米国株買いー日本株売りのサヤ取りのようなポジションも保有しています。

 

これは、日米の経済格差が今後拡大しやすいという現状分析のうえで日本225売りポジションを作成するという使い方です。

 

日本225は、小額で日経225を売買できる銘柄です。この特徴を活かして、これ以外にもいろいろな活用法ができます。

 

GMOクリックCFD 詳細まとめ

2014/10/23 09:42:23
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック