トップへ戻る

3月28日配当相当額対策と4月以降の予定 NYダウ配当金生活2017年3月

NYダウ配当金生活 2017年3月

くりっく株365口座での、NYダウ配当金生活運用状況です。保有ポジションの評価損益も落ち着いてきました。今後の予定も交えて記事にまとめました。

NYダウ配当金生活 2017年3月

NYダウ配当金生活 1

 

本日のくりっく株365口座状況です。含み益+配当相当額合計で273,744円の含み益です。

 

ここのところ、含み益20〜40万円の間を行ったりきたりしています。昨日のFOMCでの利上げもNYダウにとってはプラス材料となったようです。

 

経験則から、初期の利上げは株高要因になることが多いんですよね。

 

今の「日経225売りーNYダウ買い」の両建てポジションは、3月28日の日経225大型配当相当額発生時には、-6万円くらいのマイナス配当相当額発生が予想されます。このマイナスを甘んじて受けるつもりでいたのですが、実験的に「配当相当額発生前決済⇒配当相当額発生後ポジション再作成」というのも検討しています。

 

この売買で一番良いタイミングは、3月27日決済⇒3月28日両建て再作成です。日経225−NYダウ値がほとんど動かないとすれば、手数料分を加味しても有効な一手となります。

 

問題はスプレッドです。前回記事:くりっく株365日経225で3月配当相当額狙いの方にご忠告で書いたように日経225は28日が近づくとスプレッドが急拡大する傾向があります。

 

FXと同様、スプレッド急拡大状況での売買は不利になります。

 

今年は、今のところスプレッド急拡大は起きていませんが、来週以降の配当相当額直前期はわかりません。

 

もしも、来週になってもスプレッドが現在の7−15くらいであれば「配当相当額発生前決済⇒配当相当額発生後ポジション再作成」を仕掛けを検討してみるつもりです。

 

実験としては面白いのですが、無理はしません。一時的にマイナス配当相当額が発生しても、その後数ヶ月のプラス配当相当額で埋め合わせはできるからです。

 

NYダウ配当金生活 今後の予定

 

日経225配当相当額発生後、4月に入ったらNYダウ配当金生活ポジションをさらに増やす予定でいます。資金を増やしながら、ポジションも増やしていく流れが作れそうなので、その動きを加速していきます。

 

ポジションを寝かせて配当相当額を受取、売買益も加えて資金を増やしていく予定です。

 

くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方

2017/03/16 09:15
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック