トップへ戻る

くりっく株365日経225平均スプレッド3.6円? そんなバカなと思い調査

くりっく株365日経225平均スプレッド3.6円? そんなバカなと思い調査

くりっく株365HPをみたところ、こんな宣伝がありました。

 

くりっく株365 日経225 スプレッド

 

そ、そんなバカな!
以前に私が調べたときは、4〜7円くらいのスプレッドだったのにこんなに狭いはずはない!

 

これは、くりっく株365の誇大宣伝ではなかろうかと思ってしまいました。そこで、現在のスプレッド状況を調べてみたので報告させて頂きます。

くりっく株365日経225スプレッドが大きく改善

実際に私の岡三オンライン証券lくりっく株365口座でのスプレッド表示画面です。

 

くりっく株365 日経225 スプレッド 2

 

14時30分の時間帯でのスプレッドです。確かに、スプレッド1円です。その後もずっと見ていたところ、4⇒1⇒4⇒2⇒4⇒1⇒4⇒3という具合に推移していました。スプレッド4円を中心にちょっと狭くなっては4に戻るという動きです。4円中心ですが、確かに以前チェックしたときよりもスプレッドが狭くなっている気がします。

 

理由として書かれているのは、マーケットメイカー増強となっているので昨年11月に日産センチュリー証券が加入したりしたのがスプレッド縮小の原動力になっているようです。くりっく株365の人気上昇とともに、好ましい競争環境も整備されてきているようです。

 

ちなみに、スプレッド平均3.6円となると他の競合投資商品と比べても優位性がでてきます。

 

一番競合する日経先物の呼び値単位は5円でスプレッド5円以上と同じですので、これよりも狭くなります。手数料を加味しても遜色ありません。しかも、日経225先物ではちょっと邪魔な限月制度があるのに対して、くりっく株365には限月はありません。

 

また、投資信託やETFでの日経225投資は、くりっく株3651枚分で約200万円相当の売買と同じになります。株式投資や投資信託売買で200万円相当の売買をすれば手数料負担だけで500〜1000円以上発するので、ここでもくりっく株365が有利です。

 

しかも、くりっく株365の日経225は、レバレッジが効かせられるので200万円相当の売買を証拠金7万円程度でできます。この点、投資信託はかないません。

 

本日、くりっく株365の運用資金を増額しておきました。現在、長期保有用にFTSE100の買いポジションを1枚保有しています。

 

参考記事:毎週配当型FTSE100 毎週配当相当額が発生する理由と口座状況

 

本格的に買い増しをするのは多分来月以降になります。売買ルールはほぼまとめたあるのですが、念のため再確認・検証をしているところです。予定としては、株式投資資金を基本的にはくりっく株365中心にしていく予定にしています。

 

安全性に配慮しながらレバレッジを効かせていけば、高配当+売買利益という形で効率的に資金を回していけそうです。慌てずにしっかりと準備をしていきます。

 

くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方

2015/04/15 15:04
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック